寝ているのに唸り声

つい最近、sleep Meisterというアプリを見つけて、始めてみた。

 

睡眠効率だけじゃなく、寝言の録音もできるらしい。

 

私は小さいときから、寝つきが悪くて。

それは、母が玉ねぎを私の枕元に置くほど。

なんかね、母曰く民間療法であるらしいんです。

枕元に玉ねぎの皮を剥いて置くと寝付けるってのが。

 

そんな小ちゃい時から寝付けなくて、だから今なんか仕事してるから大変。

 

眠れたって眠れなくたって次の日は仕事なんだから。

 

 

仕事中ぼーっとしてしまうと仕事の効率が悪くて仕方ない。

だから、枕替えたタイミングでsleep Meisterなるものをやってみた。

 

 

そしたら、寝言と咳が録音されてた。

 

寝言って言うよりは、唸り声。

 

1人で寝てるから知らなかった。

 

自分が寝てるときに辛そうに咳したり唸ってるなんてこと。

 

『寝言 唸り声 原因』で検索かけたら、カタスレニアってのが出てきた。

 

睡眠時無呼吸症候群と合併していることもあるとのこと。

カタスレニアについてはよく分からなかったけど、睡眠時無呼吸症候群は自分にあってもおかしくないと思う。

 

反対咬合で小さいときに矯正したんだけど、その原因の1つに顎が小さいってのがあるって歯科医が言ってた。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の原因にも顎が小さいってのがあるから、自分がそうであっても納得がいく。

 

まぁ、だからといって生活に何の支障もないし病院に行くつもりもないんだけど。

 

世の中には、色んなアプリがあって無意識下の自分の言動まで分かるんだから、ホントにアプリ開発者はすごいと思う。