冷え性とおならは解決したのか。

冷え性って大変。

いつもエアコンの真下にいる感覚。

 

学生時代は、ストール2つに座布団。

1つは膝掛け、1つは肩からくるまる。

「いっつも私にエアコンの直風が来る!」とイライラして、友達に「そんなはずはないww」と言われたものだ。

 

年を重ねるごとに冷えはひどくなり。

でも、年を重ねたからこそ、そんなことでイライラもしてはいられないのが社会人てもの。

かと思えば、パーって暑くなって汗が出る。

寒くてあったかいお茶ぐびぐび飲んで、飲んだらトイレ。

トイレで熱放出?

寒い寒い。

またあったかいお茶

またトイレ。

寒い寒い。

何やってんだろうって。バカバカしいのに寒いからどうしようもなく。

 

 

おならはしたくもないのに、お腹の中でブーっとなる。

(周りに聞こえる)

 

冷えのせいか浮腫むし、痛くなるし、寒冷蕁麻疹になったこともあったっけ。

(寒冷蕁麻疹は冷えとは関係ないのかな?)

 

何にせよ

他人と同じ空間にいる恐怖

(無意識ででるおなら)

他人と同じ空間にいる不快感

体感温度の違い)

5時ダッシュっていう抵抗でしか逃れられない。

 

室内でライトダウン着たり、ウインドブレーカー着たり。

寒いけど、他の人に迷惑かけたくないから、着脱で調節。

さっき知ったけど、冷房弱者って言葉があるみたい。

でも、これ見よがしに着込んでる(そんなつもりはないけど)私が冷房弱者なら、そんな私に気付いて暑いのを我慢している人も何かしらの弱者になるのでは?と思う。

 

 

母が言った。

「一度医者に診てもらったら?」って。

 

 

冷え症で医者ってww

って思って行かなかったんだけど、ここ数年は、おならのお腹の中での爆発💥も気になって。

 

ついに行ってみた。

毎年の健康診断で何も異常がないことは分かってたから漢方外来に。

 

一通り診察したあと言われたのが、

「西洋医学的には問題ないけど、東洋医学的には問題だらけです。」

 

マジかw

 

それで、漢方を処方されて飲むようになった。

 

舌診たり、触診、脈を診たりで漢方薬を変えたりして2ヶ月。

 

 

なんだか調子が良いではないか。

おならの爆発はここ2週間くらい気にならないし、気候があったかくなったのもあってか、ウインドブレーカーどころかカーディガンも着なくて良くなった。

冷えのぼせも気にならない。

 

ちなみに、過敏性腸炎らしい。

ネット検索したら、どうもその中のガス型ってやつではないかと思う。

 

無意識のガス爆発がないなんて。

ガスがお腹の中でグルグルしてる感覚が減るなんて。

 

なんてハッピーな毎日なのか。

 

 

冷えによる痛みがないなんて。

着込まなくていい体の軽さ。

肩こりの減り。

のぼせによるあせも。は、なくなってはないが。

 

 

幸せだ。

 

ちょっとバカにしていた漢方。

ありがとう。

昔々から世の中にあって、病気と診断されない人間の体の不調を緩和してきた漢方。

必要としていた人がいる。

救われた人がいる。

だから、求め続けられてきたんだ。

 

闘ってきた時間が長過ぎて、まだ手放しでは喜べない様子見の段階だけど

主治医を信じてこれからも、不調による生き辛さを救ってもらえれたら。と思う。

この漢方医に出会えたことは感謝でしかない。

ありがとうございます。