本当にあった怖いおならの話

お題「わたしの黒歴史」

 

ブログを始めたきっかけは、おならの失敗が多くて恥ずかしかったのを、どうにかポジティブに考えられないかと思ったからなんだけど。

 

そんな、自分の放屁に怯える日々が始まるきっかけが、私の黒歴史

 

あれは、小学校高学年の頃。

視聴覚室か図工室か。

なんか、そういう普段使わない部屋での視力検査のときのこと。

 

男女二列ずつに並び、視力検査板を背に向けて、体育座りで待機するよう指示されていた私たち。

 

友達と雑談しながら、自分の順番を待っていたのですが、、、

なにかの会話の中で、私がおかしなことを言ったのか、友達に

「もう〜コロったら〜」

と、真横から肩を押されたのです。

 

すると、なんということでしょう。

室内に響き渡るくらいの大きさの音を抱えた空気が、体育座りのまま床に転がる私のお尻の穴から逃げていったのです。

音としては

ブ⤴︎⤴︎⤴︎

と言った感じでした。

 

私は、その自分から出た音に驚きながら、しかし、それとはまた別の感覚にも驚いたのです。

 

......おならしたい感覚なんてなかったのに。

 

なんと言うことでしょう。

私の腸は、おならの感覚を事後報告したのです。

したい感覚もないのに、肛門に力を入れるはずもありません。

 

あまりの大きな音に、取り繕える筈がないと確信した私は、転がった体を起こし、体育座りに直り、友達に言ったのです。

「もう! 急に押すからおなら出てしまったよー」

友達は言いました。

「ちょっと、すごい音したよー」

 

それから後の記憶はあまりありません。

 

 

 

もう一つ。

学生時代の話を。

 

アレは、全校集会の時だったでしょうか。

やはり、私は他の生徒同様、教師に体育座りを命じられ、周りの生徒と隙間のないくらいの狭い場所で、居心地の悪さを感じながら過ごしていたのです。

 

校長や生徒指導の長い話のなか、

私のお腹は、ボコボコと空気を溜めていったのです。

滑りの良さそうな腸の粘膜(あくまてイメージです)の中で、空気と空気が出会い、塊になり出陣準備ができるまでにそう時間はかかりませんでした。

 

ヤバイヤバイ。

おならがしたくなってきた。

 

しかし、私には視力検査の時の思い出があります。

 

私は考えました。何が正義か。

① 音を立てずに空気を体外に追い出すか。

② 手を挙げて、トイレに行かせてもらうか。

③ 力の限り、ガマンするか。

 

私はお腹をよく壊す子どもだったので、匂いに自信がありません。

よって、①は却下です。

 

全校生徒の前でトイレに立つために挙手する度胸も、当時の私にはありませんでした。

よって、②も却下となります。

 

③しか選択肢に残りません。

 

 

私は、ガマンしました。

もう少し。もう少しだから。と。

最早自身の脳を落ち着かせるために思っているのか、それとも、頑張る肛門を労うためなのか分かりませんでしたが、それでも呪文のように心の中で唱えました。

 

もう少しだから。

 

しかし、肛門付近で出待ちをしていた空気は、硬く閉められた扉を開けることを諦め、お腹の中に引き返してきたのです。

それは、さながら、渋滞に根負けした車が家に引き返すかのようでした。

 

すごい音がしました。

場所は体育館です。

響くなんてものではないです。

 

なんと言うことでしょう。

肛門から出なくても、放屁音は出るのです。

それは、初めての発見でした。

匂いはないはずです。

正確には、体外に出ていないのですから。

 

しかし、思春期真っ盛りの私に、どうしてその真実を話すことができたでしょうか。

 

次の日も登校しました。

クラスメイトは優しい人たちばかりです。

おならについて触れてくる人はいませんでした。

 

だけど、隣のクラスに用事をしに行ったとき、目があった男子に言われたのです。

 

「屁」

 

と、その一言だけ。

その後の記憶はあまりありません。

不登校になった覚えはないので、おならをした私を責めたのは、その言葉だけだったのでしょう。

 

 

 

おならをガマンできる人にガマンできない人の気持ちは、分からないでしょう。

ガマンしているのに出てしまう。

おならの逆流の放屁音も、経験した人にしか分からないと思います。

 

それは、

太りたくても太れず貧相な自分をコンプレックスに感じている痩せた人に、

「細くて羨ましい」

などと言って、褒めたつもりが実は傷つけている。

そんな現象に似ていると思います。

体験していないから分からないのです。

 

 

 

行動の前には必ず思考がある。とよく言われています。

他人の言動が理解できないものだったり、コピーを10部頼んだはずが、ニコニコとコピーした50部を持ってきたり。

もし、そういう、人の言動のために、ちょっとイラっとする感覚があっても、必ず、考えがあってのことだと。

 

まずは、どうして?と自身で考えてみたり、理由を聞いたりする余裕を持ちたいと思うのです。

そして、それは、意外と腑に落ちる理由だったりします。

 

 

最近は、漢方がよく効いているのか、おならの失敗は少なくなりましたが、

例えば、私なら

「笑。どうしたの? お腹の調子悪いの?」

って聞いてもらえると助かります。

「過敏性腸炎のガス型なの。したい感じないのに出たり、お腹の中で破裂音するの、、治療中なので、よくなるまで不快かもだけど、ごめんねー」

って言いたいです。

女職場だからそう思うのかもしれなくて、男職場に女数人だと、気づかないふりの方が感謝です。

 

 

本当にあった怖いおならの話

および

おならの失敗から得たものでした。