出ても出なくても困るものなぁ~んだ?

 

 

 

はぁ~い( `―´)ノ

答えはオナラでぇ~す!

 

もう私はそればっかり。

日々、予期せぬオナラにびびりっぱなしです。

 

この前も、トイレに行って、少しリラックスしたら

プゥ~っと。

 

もうね、トイレと職場が近いからびびりながらの帰室ですよ。

音が聞こえていたとしても犯人(=私)が特定されないために、ちょっと遠回りしてみようかな。なんて思うほど。

 

 

でも、聴こえてなかったとしたら遠回りするのも面倒くさいものです。

 

そもそもオナラの何が悪いのでしょうか?

海の向こうのどこかでは、オナラよりゲップの方が嫌われると聞いたこともあります。

もちろん、情報ソースも覚えていないし確実かというと微妙な情報ではありますが。

 

 

 

例えば!

オナラは、手術した後にお腹が動いているかどうかの指標として,医師に問診される事項の一つであると思います。

私は幼少期に手術をしたことがあるのですが、聞かれたような気がします。

そして、入院中に同級生から届いたメッセージには

『オナラはもう出たのかな?』

みたいな、からかいと回復を願っていてくれているようなテープが届いたような気がします。

 

 

オナラが正義だとは言いません。

世間一般的には恥ずべきことでもあると思います。

しかし、今回の件に絞って言うと、トイレでオナラをすることの何が悪いのでしょう。

 

 

学生の時も、トイレで思わずオナラが出てしまい、

慌てて教室に走り、

『違う! 今のは私じゃない!!』

と叫びたくなったことがあります。

 

トイレは危険です。

どんな状況下でも、一人の空間を演出され、気が緩むのです。

自宅以外のトイレは全て鬼門くらいに思っていた方がいいと思います。

 

 

さてさて、何が言いたいこと申しますと、

オナラは、口から入った血中に溶けきれない空気、および消化の過程で発生する腸内ガス。

と、なんとなく思っています。

 

オナラで悩み続け、幾度となくネットで『オナラ』の三文字を検索し続けて得た自分なりの解釈です。

 

 

何が悪いのでしょう。

口から吸った空気を口や鼻から出すのは自然なことなのに、出口が違っただけで非難の目を受けるのは納得がいきません。

 

 

繰り返します。

オナラは悪いことではありません。

お腹がちゃんと動いている証拠です。

 

小学生のとき、個室に入った男の子が「うんこしてるー」とからかわれていましたが、からかわれるべきことなのでしょうか。

 

大人になった今、そんなことでからかう人はいませんが、その記憶が私を責めるのです。

不注意で空気が肛門から出てしまった私を責めるのはいつだって、他人ではなく過去の私の記憶です。

 

ちょっと前、男子トイレにおいて個室と便器を分けることで、うんちかおしっこかが周りの人に分かるということで、便秘になる子供が相次ぎました。

そのため、男子トイレ特有のあの便座をやめて、全て個室にしたという市町村があるとニュースで言っていたのを記憶しています。

 

そんなことでいいのでしょうか。

オナラにしてもうんちにしても、自宅では誰もがすることです。

そしてそれは自然の摂理です。

排泄されなかったガスは血中に溶けだし、体から便臭がするとも目にしたことがあります。

 

個室に入ってからかうような人間は、便臭がしてもからかうと思いますが。

もっと、オナラを肯定していきたいものです。

きっと、私が術後の子供であれば、

「オナラでたよ」

と言えば、看護師は

「よかったね、お腹ちゃんと動いているね」

なんて言葉をもらえたと思います。

 

 

世の中の人たちが、ためらわず場所を問わずオナラをしたならば、それが普通になることでしょう。

世の中の普通は、異常正常が問題ではなく多数決なのですから。

 

さぁ、明日からガマンしないで

レッツ、ぶー!!

 

 

 

 

まぁ。第一人者にはなれないけれど……

(´;ω;`)ウッ…