そうだ。会社をサボろう。

友達でもなければ家族でもない。

そんな全くの他人の中で、起きてる時間の 半分。

人によってはそれ以上の時間、同僚でなければ恐らく一言二言話して、

「あ、ムリだわ、これ」

って思っちゃう人とも過ごさなければいけないという苦行の時間。

 

いつもではなくても、時々行き詰まる人間関係。

 

 

朝起きて思う。

今日はちょっと行きたくないな。

もしかして熱とか出ないかな。

吐いたりしないかな。

とかって、まずは正当法が自然に起きることをただ祈る。

 

祈りながらも、元気な自分。

結果、いつも通り出社。

 

 

そうだ。会社をサボろう。

 

 

で、考える。

会社をサボるためには、ステップを踏まないといけない。

 

① 会社に電話をする。

 

 

、、、、、、、。

 

 

(-.-;)y-~~~

ステップ1つだけじゃん!!

って思うのか?

思えるのか?

 

 

別に辞めたいわけじゃない。

波風を立てたいわけじゃない。

ただ、今日は休みたい。

ふかふかのベッドから出て、あの空間に行くことを、今日だけはなんだかはばかれる。

 

となると、マジメな私は体調不良ということにしたいわけです。

 

体調不良が嘘ということは絶対にバレてはいけないのです。

 

 

となると、数日前からの仕込みが大事になるわけです。

 

ステップ①

時々、咳き込んでみる。

(数日前からの仕込みが望ましい。)

 

ステップ②

怠そうに昼食を少し残してみる

(前日or前々日の仕込みが望ましい)

 

ステップ③

時々、額を押さえてため息をついてみる

(前日が望ましい)

 

※ステップ①〜③を通して、徐々に口数を減らしていく。

 

 

ステップ④

「熱がでて、、、」と電話をする。

やっと目的達成! と思いきや、ここでもマジメな私は悩むのです。

熱は何℃設定にしようか?

何℃くらいが休むに相応しい体温なのだろうか?

 

健康な私は滅多に熱を出すことがないため皆目見当がつかない。

 

 

 

まぁ、でも、38℃くらいならいいかな?

なんて思って、電話終了しました、と。

 

ここで目的終了ー!

さぁ、またふかふかのベッドに入ろうではないか。

 

 

 

とは、ならない。

 

マジメな私は再び考える。

 

明日は出勤する。

昨日38℃だった人の今日の体調ってどんなだ?

 

分からない。

元気だから。

 

時期によってはインフルエンザの検査した? って聞かれるかもしれない。

 

何て答える?

大丈夫でしたと答える?

検査はしなかったと答える?

 

 

うわぁぁぁーーーーー!!

うわぁぁぁーーーーー!!

 

私にズル休みの才能なんかないんだぁーー.°(ಗдಗ。)°.

 

って。

 

諦めて今日も仕事に行く。

そんな日々を10年以上。

 

 

 

はぁー

後腐れのない休む理由なにかないかなぁ*1..zzzZZ

*1: _ _