なぜショーツを履かないといけないのか

昔読んだ漫画にあった。

 

人類で初めて服を着た人間と人類で初めて服を脱いだ人間。

どちらが立派か。

 

 

みたいなことが書いてあったように思う。

 

 

その漫画は四コマ的なものだったと記憶している。

もう読んでから十数年経った今思う。

 

 

なぜ、下着をつけなければいけないのか。

 

もう嫌だ。

社会のしがらみの中に毎日身を置いているのに、なぜ下着の息苦しさにまで毎日毎日付き合わないといけないのか。

 

2時間ほど真剣に考えた。

ショーツを履くことの意味を。

 

対外的には履いていた方がいいのは分かる。

スカート履いてて風が吹くと、私の人生は終わるだろう。

 

だとしたら、外に出るときにショーツは必至。

では履こう。

自分のこれからの人生のためにも。

 

 

だけど、家の中でまで下着をつける意味とは??

 

2時間費やした。

分からなかった。

 

下着をつけないデメリットは、単純に慣れないことだからスースーして寒いと思う。

寝具の洗濯頻度が上がる。

なんてこった。

今から梅雨に入るというのに。

 

 

じゃあ、ダイレクトパジャマになろう。

ということで、ノー下着でパジャマを着てみた。

股間の違和感ハンパない!!

なんか嫌だ。

結局ズボンでウエスト周りに服の存在を感じるし。

 

 

ノー下着でワンピを着てみた。

なんて快適なんだろう。

なんて解放感。

 

 

自由だぁぁぁぁぁ!!

って感じだった。

トイレするときもさっと捲ればいいだけだし。

 

 

2日そんな生活をしただけで仕事中に思う。

早く家に帰って自由になりたい!!!!!

 

って。

 

 

 

この気持ちのエネルギーと言ったらハンパじゃない。

 

 

 

ますます仕事が苦痛になった、、、

 

 

どちらをとるかは人それぞれだと思うけど、人間といえども動物なんだから一日に一回くらいは野生的に過ごしてもいいんじゃないかと思う